MacBookで外部ディスプレイの明るさを制御する方法

MacBookディスプレイの明るさとコントラストを簡単に制御できます。ただし、外部モニターを使用している場合は、少し複雑になります。

MacBookで外部ディスプレイの明るさを制御する方法

通常、明るさキーやシステム環境設定を使用して外部ハードウェアの動作を制御することはできませんが、一部のアプリではそれが可能です。モニターのキーを使用する以外に、すべてのディスプレイの明るさを制御するためにできることは次のとおりです。

ExternalDisplayBrightnessを使用してモニターの明るさを制御します

ExternalDisplayBrightnessは、外部デバイスの明るさを管理できる人気のアプリです。これを行うには、次の手順に従います。

  1. アプリストアからアプリをダウンロードし、インストールを押します。
  2. インストール中に、特別なユーザー補助アクセスを求められます。アプリで適切にサービスを提供する場合は、それらを付与する必要があります。
  3. モニターの明るさを調整するために使用するキーを選択して、設定を行います。明るさを上げるために1つのキーを設定し、明るさを下げるために別のキーを設定します。
  4. [終了]をクリックしないでください。ウィンドウを閉じるだけです。そうすれば、アプリがアクティブになります。

ExternalDisplayBrightnessを構成したら、選択したキーを使用して外部画面の明るさを変更します。

ただし、このアプリは完璧ではありません。一部の外部モニターには、行った変更が影響を与えないようにする設定があります。また、複数のモニターを使用している場合は、別の解決策を試してみることをお勧めします。 ExternalDisplayBrightnessを使用して、1つの外部ディスプレイのみを制御できます。

macbookの外部ディスプレイ

Lunarアプリで外部ディスプレイの明るさを制御する

モニターのボタンをタップしたくない場合は、Lunarを使用して設定を制御できます。 LunarはMac用の無料アプリで、すべてのディスプレイの設定を同期するように設計されています。唯一の要件は、外部デバイスがData Display Channel(DDC)プロトコルをサポートしていることです。サポートされている場合は、Lunarアプリをインストールして、MacBookから直接モニターの明るさやその他の設定の調整を開始できます。

Lunarをダウンロードしてインストールしたら、次のいずれかのモードを選択します。

  1. 同期モードでは、組み込みの表示設定を外部モニターに同期できます。上級ユーザーの場合は、曲線アルゴリズムを自分で構成できます。
  2. ロケーションモードはプロセスを自動化します。選択すると、モニターの明るさが時刻に合わせて調整されます。
  3. 手動モードを選択すると、適応アルゴリズムが無効になり、LunarUIまたはカスタムホットキーを使用してモニターを制御できるようになります。

F.luxを使用して外部モニターの色を調整します

F.luxは、限られた範囲ではありますが、外部ディスプレイの明るさを制御できるもう1つの無料アプリです。単独で使用することも、Lunarなどの別のアプリと組み合わせて使用​​することもできます。

F.luxをインストールする際に、設定を行い、場所と起床時間を入力します。この情報は、時計の横にあるf.luxメニューから後で編集できる照明スケジュールを生成するのに役立ちます。そこから、次のプリセットから選択することもできます。

  1. 推奨色:アプリの作成者が設定したデフォルトの色設定。
  2. カスタムカラー:色温度を変更する時刻を設定できます。
  3. クラシックf.lux:f.luxは日没時にフェードし、日の出時に非アクティブになります。

設定を変更しない場合、f.luxは現在地を使用して夏時間を決定します。

MacBookの画面の明るさを調整する

Lunarまたはディスプレイの設定を同期できるその他のアプリを使用している場合は、MacBookでこれらの設定を制御する方法を次に示します。 MacBookは明るさを自動的に管理するように設計されていることに注意してください。ただし、この機能を無効にして、明るさを手動で設定することはできます。

明るさを手動で調整するには:

  1. キーボードのプリセットホットキーを見つけます。 MacBookでは、これらは左上隅にあるF1キーとF2キーです。
  2. F14キーとF15キーを使用して同じことを行うことができます。片方を押すと明るさが減り、もう片方を押すと明るさが増します。
  3. マウスを使用して明るさを調整することもできます。 Appleメニューから、「システム環境設定」>「ディスプレイ」>「明るさ」を選択し、希望の明るさレベルを設定します。

バッテリー電源を使用しているときに、ディスプレイを暗くするように設定することもできます。

  1. [システム環境設定]に移動し、[省エネ]を選択します。
  2. [バッテリー]タブで、[バッテリー電源が入っているときにディスプレイを少し暗くする]チェックボックスを見つけて有効にします。
  3. この設定が気に入らない場合は、チェックを外してください。画面の明るさはバッテリーの寿命に影響することに注意してください。

Windowsのように明るさのレベルを正確に定義することはできませんが、自分に合ったレベルに調整することはできます。明るさだけがあなたが望むより少し暗いかもしれません。

MacBookには、周囲光を検出するセンサーがあります。このオプションを利用する場合は、次の手順に従ってください。

  1. [システム環境設定]に移動し、[ディスプレイ]を選択します。
  2. 「明るさを自動的に調整する」を見つけてチェックします。

明るさを制御する明るい方法

外部ディスプレイの設定を調整するのに時間を費やす必要はないように思われるかもしれませんが、数分の余分な作業により、画面時間の品質が向上する場合があります。

外部モニターで明るさを調整する必要がありましたか?リストにあるアプリの1つを使用しましたか?以下のコメントセクションであなたの考えや経験を教えてください。