ウェブカメラでFPSを変更する方法

ぼやけた画像と途切れ途切れのフレームほどイライラするものはありません。カメラのパフォーマンスが標準以下の場合は、フレーム/秒(FMS)の速度に問題がある可能性があります。

ウェブカメラでFPSを変更する方法

幸い、デバイスの設定を簡単に調整することで、この問題を解決できます。それが失敗した場合は、いつでもサードパーティのアプリを使用して、より高品質のビデオを入手できます。この記事では、ウェブカメラとAndroidカメラでFPSを変更する方法と、フレームレートが実際にどのように機能するかを説明します。

WebカメラでFPSを変更する方法は?

Webカメラのフレームレートを微調整する方法はいくつかあります。大幅な変更はできませんが、ビデオの品質を少し上げることができます。

簡単なことから始めるのが最善です。コンピューターの輝度レベルを調整することで、FPSを修正できます。方法は次のとおりです。

  1. スタートに移動します。

  2. 左下隅にある小さな歯車のアイコンをクリックして、[設定]を開きます。

  3. 新しいウィンドウが開きます。 「システム」をクリックします。

  4. 「明るさと色」の下で、明るさのレベルを上げます。

  5. カメラアプリを開き、フレームレートが向上したかどうかを確認します。

キーボードを使用して明るさを増減することもできます。目的のオプションを設定するまでボタンを押し続けます。

それでも問題が解決しない場合は、コンピューターのハードウェアを強化してみてください。グラフィックアクセラレーションを下げてウェブカメラのFPSを変更する方法は次のとおりです。

  1. ディスプレイを右クリックして、ポップアップメニューを開きます。

  2. 「表示設定」を開きます。

  3. 「詳細設定」をクリックして、「グラフィックプロパティ」にアクセスします。
  4. 「トラブルシューティング」タブをクリックしてから、「設定の変更」をクリックします。
  5. ポップアップウィンドウが開きます。 「ハードウェアアクセラレーション」の横にあるポインタを、左側の「なし」という単語の近くに移動します。
  6. 「OK」で確定します。

AndroidカメラでFPSを上げる方法は?

Androidカメラは、特定のiPhoneデバイスと比較するとしばしば不足していました。ただし、過去10年間で品質が大幅に向上しています。新世代モデルのカメラアプリには、より優れた解像度、より高いフレームレート、およびスローモーション効果などの追加機能が備わっています。

カメラの設定を確認して、デバイスで使用できるオプションを確認できます。方法は次のとおりです。

  1. カメラアプリを開き、「ビデオ」セクションに移動します。

  2. 右上隅にある3本の水平線をクリックして「設定」を開きます。

  3. 画面上部にウィジェットが表示されます。通常、次のいずれかを選択できます:1080p x 24 FSP、1080p x 30 FSP、および1080 x 60FSP。デバイスに応じて、オプションが異なる場合があります。一部のプレミアムAndroidスマートフォンは、毎秒30フレームの4k解像度を提供します。

  4. 試してみたい設定をクリックして、撮影を開始してください。

これらのオプションのいずれも機能しない場合は、GooglePlayストアからOpenCameraをダウンロードできます。このアプリはすべてのAndroidユーザーが利用でき、完全に無料です。これにより、微調整やカスタマイズされた設定の機会が増えます。 Open Cameraアプリを使用して、AndroidカメラのFPSを上げる方法は次のとおりです。

  1. ディスプレイの[カメラを開く]アイコンをクリックしてアプリを起動します。

  2. 設定に移動。"

  3. 「ビデオフレームレート」セクションを見つけてクリックします。

  4. FMSオプションを含むポップアップウィンドウが開きます。必要なFMSの数の横にある小さな円をタップします。

  5. 「設定」を終了し、撮影を開始します。

Open Cameraでは、露出と解像度の設定を変更することもできます。 「オートフォーカス」や「ショットスタビライザー」など、他にもさまざまな便利なツールがあります。内蔵カメラに満足できない場合は、確実な代替ソリューションを提供します。

フレームレートはどのように機能しますか?

フレームレートとは正確には何ですか?簡単に言えば、静止画が連続して表示されて動きの感覚が生まれる速度です。 FPSの略語は「FramesPerSecond」の略で、その周波数を測定するために使用されます。

ビデオに対するあなたの認識は、主にフレームレートによって形作られます。全体的な視聴体験、スタイルの選択、および動きの流動性はすべて、FPSの数によって決まります。

達成したいことに応じて、さまざまなフレームレートを使用できます。普遍的なルールはありません。代わりに、各FPS値には、さまざまなタイプのコンテンツで機能する特定の特性があります。

すべてのフレームレート速度の内訳とその用途は次のとおりです。

  • 24 FPSは、ハリウッド映画で最も一般的に見られます。超リアルな動きを表現するのではなく、映画のような雰囲気をビデオにもたらします。ただし、その主な欠点は、スローモーションで再生するとだらしなく見えることです。また、アクションシーンを撮影している場合、特定のモーションがぼやけて表示されることがあります。

  • 30 FPSは、おそらくほとんどの現代のカメラのデフォルト設定です。 SMPTE(Society of Motion Picture and Television Engineers)は、長い間、映画やテレビ番組の標準となっています。フレームレートが高いため、スポーツイベントの生放送によく使用されます。

  • 60 FPSは、わずか1秒で50〜60のフレーム変更があることを意味します。アクションの多い混雑したシーンの撮影に最適です。通常、60 FPSのビデオは、スローモーション効果を作成するために後でスローダウンされます。

フレームレートを選択するときは、配信方法も考慮する必要があります。 YouTubeまたはその他のストリーミングプラットフォーム用に作成された動画は、60FPSの速度を必要としません。視聴者について、そしてどのような反応を引き起こしたいかを考えてください。

その他のFAQ

1. Webカメラが低FPSで実行されているのはなぜですか?

残念ながら、ほとんどのWebカメラのフレームレートは低から中程度です。結局のところ、フロントカメラでできることはたくさんあります。それは主にビデオ通話と時折の自撮りに要約されます。

ただし、Webカメラに不具合がある場合は、CPU(中央処理装置)のオーバーランが原因である可能性があります。ほとんどのソフトウェアと同様に、カメラのパフォーマンスはプロセッサの速度に依存します。 CPU使用率が最大容量に達しているかどうかを確認する方法は次のとおりです。

1. [検索]ダイアログボックスに「タスクマネージャー」と入力します。クリックして開きます。

2.アプリのリストからカメラを見つけます。

3.右側の「CPU」の下の列で使用容量を確認します。

4. 75%に近い場合は、おそらく遅延の原因です。

問題の根本を突き止めたら、いくつかの調整を行う必要があります。最も簡単な解決策は、キャプチャ解像度をデフォルトの640×480から320×240に変更することです。すべての詳細設定を無効にして、Webカメラに十分な光があることを確認することもできます。

2.ビデオのFPSを変更できますか?

動画の仕上がりに満足できない場合は、いつでもFPS設定を変更できます。それを行う最も簡単な方法は、ビデオ編集プログラムを使用することです。

ダウンロードできる最も人気のある編集ツールの1つはBeecutです。非常にユーザーフレンドリーで、登録する必要はありません。 Beecutを使用して動画のFPSを変更する方法は次のとおりです。

1.ブラウザに移動し、Beecutをコンピュータにダウンロードします。

2.プログラムを実行し、「ファイルのインポート」をクリックします。変換したい映画やビデオを見つけ、タップして選択します。

3.「出力設定」に移動し、「フレームレート」セクションを見つけます。必要な値に設定してください。

4.画面の下部にある[エクスポート]ボタンを見つけます。クリックしてファイルを変換します。

5.フレームレートを変更したら、[ファイルの場所を開く]オプションをクリックします。それはあなたのビデオにあなたを連れて行きます。

WindowsとMacの両方のオペレーティングシステムには、デバイス用にカスタムメイドされた編集ツールがあります。また、FPSを変換できるさまざまなビデオプレーヤーもそれぞれサポートしています。動画のFPSを変更するために使用できる無料のメディアプレーヤーと編集ツールのリストは次のとおりです。

・ Windowsムービーメーカー

・VLC

・iMovie

3.高FSPウェブカメラとは何ですか?

1秒あたり60フレームを超えるフレームを生成できるカメラは、高FSPカメラと見なされます。残念ながら、60 FPSを超えるWebカメラは、いくつかの例外を除いて非常にまれです。

ソニーは、ゲーム機用に非常に高いフレームレート(150 FPS)のPS3 EyeWebカメラを発行しました。 Logitech Webカメラ、特にBRIOおよびCシリーズのモデルのパフォーマンスも高く評価されています。それ以外は、内蔵のフロントカメラは通常FPS速度が高くありません。

4.カメラを60FPSに変更するにはどうすればよいですか?

ほとんどのカメラは、デフォルトの速度である30FPSに設定されています。フレームレートを60FPSに変更する場合は、手動で行う必要があります。方法は次のとおりです。

1.カメラアプリを開きます。

2. [設定]> [ビデオ品質]に移動します。

3.ドロップダウンメニューを開き、FPSを60に設定します。

残念ながら、MacOSユーザーはカメラの設定を手動で変更することはできません。 Macをお持ちの場合は、特別なカスタマイズツールを購入する必要があります。 Mac App Storeにアクセスして、Webカメラ設定をダウンロードします。その後、フレームレートを60FPSに上げることができます。

ただし、ウェブカメラに60 FPS設定が組み込まれていない場合、できることはあまりありません。おそらく、前述の高FPSモデルへのアップグレードを検討してください。

5. Webカメラの解像度を変更できますか?

カメラアプリを使用して、ウェブカメラの解像度を変更できます。オペレーティングシステムに応じて、実行する必要のあるさまざまな手順があります。

Windowsユーザーの場合、Webカメラの解像度を変更する方法は次のとおりです。

1. [検索]ダイアログボックスに「カメラ」と入力します。

2.をクリックしてアプリを開きます。

3.左上隅に、小さな歯車のアイコンが表示されます。それをクリックして「設定」を開きます。

4.「ビデオ品質」セクションを見つけます。下向き矢印をクリックして、ドロップダウンメニューを開きます。

5.リストから必要な解像度とFPS設定を選択します。

残念ながら、Appleではカメラの設定を直接変更することは実際には許可されていません。ただし、解像度、露出、その他の機能をカスタマイズできるアプリをインストールすることはできます。 Webカメラ設定を使用してWebカメラの解像度を変更する方法は次のとおりです。

1. Mac App Storeにアクセスして、Webカメラ設定アプリをダウンロードします。

2.「メニュー」バーを開き、アプリのアイコンを見つけます。クリックして開きます。

3.「設定」セクションに移動し、解像度設定を変更します。

Webカメラの設定はWindowsOSでも利用できます。カメラのパフォーマンスをさらに向上させたい場合に備えて。

スピードの必要性

フレームレートを上げるのが簡単な場合、低品質のビデオの言い訳はありません。携帯電話にアプリをダウンロードするだけで、長編映画全体を撮影できます。

もちろん、FPSの速度に関しては、Webカメラはまだ不十分です。ただし、ソニーやロジクールなどの特定の企業は、それを変えるために懸命に取り組んでいます。

カメラのフレームレートに満足していますか?頼りになるFPS設定は何ですか?以下にコメントして、動画の作り方を教えてください。