Androidで画面の解像度を変更する方法

Androidプラットフォームは、高度にカスタマイズ可能であることが知られています。 Androidを所有している場合、画面の外観を変更することは、デバイスをパーソナライズするための優れた方法です。

Androidで画面の解像度を変更する方法

この記事では、Androidで解像度を変更して、希望どおりに設定できるようにする方法をいくつか紹介します。

デバイス設定の確認

Androidデバイスの解像度を変更する場合に最初に確認する必要があるのは、設定メニューです。一部のメーカーは、デバイスでさまざまな解像度を許可しており、メニューからすぐに利用できるようにしています。解像度は通常、ディスプレイ設定の下にありますが、アクセシビリティ設定の下にもある場合があります。両方を確認しても見つからなかった場合は、解像度の変更がより複雑なプロセスになります。

Androidの解像度を変更する

ルートと非ルートの方法

メーカーがデフォルトで解像度を調整する方法を提供していない場合でも、2つの方法のいずれかでAndroidのdpi設定を変更できます。ルート方式または非ルート方式のいずれかを使用できます。ルート権限を取得すると、デバイスのシステムコードにアクセスすることになります。これは、Androidバージョンのジェイルブレイクのようなものです。これらの両方の方法には長所と短所があります。

スマートフォンをroot化すると、Playストアからアプリをダウンロードするだけで作業ができるため、解像度の変更が少し簡単になります。欠点は、システムコードへのアクセスを開始しているため、デバイスが不要な編集に対して脆弱なままになることです。システムへの変更が正しく行われていない場合は、 五月 デバイスをブリックします。それと応援は、ほとんどのメーカーの保証を無効にします。

非ルートメソッドは、確かにこれらの問題を回避します。ただし、解像度を変更するプロセスは少し複雑になります。ここでは、どの方法を選択するかを自分で決めることができるように、手順の概要を説明します。

ルートなしの方法を使用して解像度を変更する

ルートなしの方法を使用してデバイスの解像度を変更するには、Android DebugBridgeまたは略してADBと呼ばれるツールを使用します。 ADBはデバイスと通信し、入力されたコマンドを使用してさまざまなアクションを実行する機能を提供します。そうは言っても、コンピューターとそれをAndroidマシンに接続する方法が必要になります。

まず、Android Developer’sStudioのウェブページからADBをダウンロードします。 ADBが含まれているSDKManagerを入手してインストールするか、スタンドアロンのSDKプラットフォームパッケージを入手します。

SDKをダウンロードしてから、圧縮ファイルを希望の場所に抽出します。

次に、デバイスでUSBデバッグを有効にする必要があります。これを行うのは簡単です。次の手順に従ってください。

  1. 設定を開きます。
  2. 電話について、またはデバイスについてを探します。見つからない場合は、システムを探して見つけてください。

    電話について

  3. [電話について]を開き、ビルド番号が表示されるまで下にスクロールします。
  4. ビルド番号を複数回タップします。開発者向けオプションを有効にしようとしているという警告が表示されます。 [OK]をクリックします。
  5. [設定]または[システム]に戻り、[開発者向けオプション]を探して開きます。
  6. [USBデバッグ]オプションが表示されるまで下にスクロールし、[有効にする]をクリックします。

    開発者向けオプション

  7. USBケーブルを使用してAndroidをコンピューターに接続します。

次に、ADBを使用して解像度を変更します。次のようにします。

  1. コマンドプロンプトを開きます。これは、タスクバー検索でcmdと入力するか、Windows + Rを押してcmdと入力することで実行できます。
  2. ADBを抽出したディレクトリを開きます。プロンプトでこれを行うには、DIRと入力してフォルダのリストを取得し、次にCDと入力してから、開きたいフォルダの名前を入力します。
  3. adbデバイスでディレクトリタイプを開いたら。画面にデバイスの名前が表示されます。そうでない場合は、USBデバッグが適切に有効になっているかどうかを確認してください。

    コマンド・プロンプト

  4. adbシェルを入力して、デバイスと通信するコマンドを発行します。
  5. 何かを変更する前に、元に戻したい場合に備えて、Androidの元の解像度を覚えておく必要があります。 dumpsys表示を入力| grepmBaseDisplayInfo。

  6. 幅、高さ、密度の値を見つけます。これは、デバイスの元の解像度とDPI密度です。
  7. ここから、コマンドを使用してデバイスの解像度を変更できます wmサイズ、 また wm密度。解像度は幅x高さで測定されるため、上の画像の元の解像度は1080 x 2280になります。解像度コマンドを指定すると、wmサイズは1080×2280になります。
  8. DPIの範囲は120〜600です。たとえば、DPIを300タイプのwm密度300に変更するには。
  9. ほとんどの変更は、入力時に発生するはずです。そうでない場合は、デバイスを再起動してみてください。

ルート権限を取得して解像度を変更する

オープンソースのモバイルOSとしてのAndroidの性質により、さまざまなデバイスのメーカーが数千社あります。他のほとんどのデバイスと同じプロセスではない可能性があるため、特定のデバイスをルート化する適切な方法を確認する必要があります。

デバイスに固有のルート化方法を探すことで、誤ってデバイスをブリックしないようにします。ルート権限を取得すると保証が無効になり、メーカーが修理を受け入れない場合があるため、これには注意してください。

すでにルート化されたデバイスをお持ちの場合、解像度の変更はアプリをダウンロードするのと同じくらい簡単です。現在、使用できる最も人気のあるものは、GooglePlayストアのEasyDPI ChangerRootです。無料で使用でき、すばらしいレビューがあります。利用可能な他のアプリがありますが、これほど高く評価されていません。

ユーザーの好みに合わせる

Androidの利点の1つは、さまざまな種類のマシンに適応できることです。これは、システム自体がユーザーの好みに合わせて調整されるように設計されていることを意味します。デバイスの解像度を変更できることは、標準ではありませんが、Androidユーザーなら誰でも最小限の労力で行うことができます。

Androidで解像度を変更する他の方法を知っていますか?以下のコメントセクションであなたの考えを共有してください。