iMovieにキャプションを追加する方法

iMovieは強力なビデオ編集ツールです。とりわけ、ユーザーは字幕やキャプションを追加できます。これは、特にビデオをWebにアップロードする予定がある場合に、使用するのに適したオプションです。 macOSとiOSでキャプションを追加する方法を見てみましょう。

iMovieにキャプションを追加する方法

マックOS

このセクションでは、Macでキャプションを追加する方法を見ていきます。

iMovie

ステップ1

まず、MacでiMovieを起動し、キャプションを追加するビデオをロードします。ビデオクリップを追加するには、[インポート]ボタンをクリックします。ただし、使用できない場合は、[メディア]ボタンをクリックしてから、[インポート]ボタンを選択する必要があります。

次に、ビデオが配置されているデバイスを選択します。選択したディスクまたはデバイスで使用可能なすべてのメディアのリストが表示されます。インポートするものを選択します。

ステップ2

ロードされたビデオを選択し、タイムラインまでドラッグします。 iMovieがクリップ全体でキーフレームを強調表示していることがわかります。また、それらの下に連続したオーディオラインが表示されます。キャプションの長さを決定するのに役立つ可能性があります。

ステップ3

メインメニューの[タイトル]ボタンをクリックします。 iMovieは、利用可能なタイトルオプションのリストを表示します。

ローワータイトル、ソフトバー、および標準のローワーサードが適切に機能するはずです。この記事では、標準のローワーサードオプションを使用します。

必要なオプションをつかみ、タイムラインまでドラッグして、クリップの真上に配置します。

ステップ4

このステップでは、ウィンドウの右上セクションにあるプレビューウィンドウに最初のキャプションのテキストを入力する必要があります。

クリップに1つ以上の透明なテキストボックスが表示されます。すべてに「タイトルテキストはこちら」のサンプルテキストがすべて大文字で書かれています。この場合、画面の下部に2つのボックスがあります。いずれかをクリックして、キャプションのテキストを入力します。

個々のテキストボックスは削除できます。上の方を削除し、下の方のみを使用します。単一行のキャプションはわかりやすく、人々はそれらをより速く読むことができます。

ステップ5

テキストの最初のチャンクを書き出したら、その長さと開始点を調整する必要があります。キャプションの開始点を調整するには、キャプションバーをつかんで左右に動かし、適切な場所を見つける必要があります。

期間を調整するには、キャプションバーの右端をつかんで、左または右にドラッグします。バーを縮小または拡大すると、左隅の継続時間スタンプが変化することがわかります。

ステップ6

次のキャプションを作成するには、作成した最初のキャプションを右クリックして、[コピー]オプションを選択します。最初のキャプションバーの横を右クリックして、[貼り付け]を選択します。

新しいキャプションは前のキャプションと同じなので、プレビュー画面に戻り、最初のキャプションから残ったテキストを削除します。テキストの次のチャンクを書き出します。

次に、新しいキャプションを適切に配置します。キャプションの右端を使用して、その期間を縮小または延長します。

この手順を必要な回数繰り返します。ただし、最初のキャプションは、クリップ全体でキャプションが表示されるようにフォーマットする必要があります。

ステップ7

書式設定オプションを見てみましょう。 iMovieを使用すると、さまざまなことを実行したり、多くのキャプションオプションを調整したりできます。ただし、フェードイン/フェードアウト効果を変更することはできません。

まず、フォントを選択する必要があります。プレビューウィンドウの上にある[フォント]ドロップダウンメニューをクリックして、リストからお気に入りを選択します。

フォントセレクタウィンドウでは、サイズと書体も選択できます。たとえば、Calibriを選択しました。書体は中程度で、フォントサイズは11です。フォントサイズを選択する別の方法があります-フォントサイズのドロップダウンメニューから。

次に、テキストの配置を選択する必要があります。 iMovieには、左、中央、右、両端揃えの4つのデフォルトオプションがあります。

配置オプションの右側にあるBボタンをクリックすると、キャプションテキストを太字にすることができます。 Iボタンをクリックすると、次のことができます。 イタリック体 テキスト。最後に、Oボタンで文字の輪郭を描きます。

ステップ8

このステップでは、テキストの色を見ていきます。キャプション機能を備えたすべての高度なムービースイートと同様に、iMovieではキャプションの色を変更できます。これを行うには、B IOセットのボタンの横にある白い四角をクリックする必要があります。

その後、iMovieはカラーメニューを開きます。円の任意の場所をクリックして、色を選択できます。灰色または黒の字幕が必要な場合は、その下のスライダーを調整することもできます。

iOS

iPhoneまたはiPadにiMovieがある場合は、キャプションを追加することもできます。プロセスははるかに単純であり、オプションが少なくなります。これが簡単な要約です。

キャプションを追加する

ステップ1

iPhoneまたはiPadでiMovieアプリを起動します。その後、キャプションを追加するクリップをインポートする必要があります。プロジェクトをタップして、キャプションを追加するビデオを選択する必要があります。

ステップ2

このステップでは、テキストツールが必要になります。画面下部のアイコンをタップします。そこで、キャプションをクリップまたは写真の中央に表示するか、下部に表示するかを選択できます。キャプションスタイルを選択することもできます。

ステップ3

動画が読み込まれたら、タイムラインを下にスクロールして、字幕を追加する場所を見つけます。タイムラインのその位置をタップします。画面下部に5つのアイコンが表示されます。テキストを追加するので、Tアイコンをタップする必要があります。

ステップ4

次に、提供されているテキストスタイルから選択する必要があります。これを行うと、サンプルテキストがビデオに表示されます。次に、[下]オプションと[中央]オプションを使用して、画面にキャプションを配置できます。

ステップ5

画面のテキストボックスをタップすると、キーボードがポップアップします。キャプションのテキストの入力を開始します。終了したら[完了]をタップします。

期間を制限するには、タイムラインを下にスクロールして、はさみアイコンをタップする必要があります。その後、分割ボタンをタップします。最初に巻き戻してビデオの最後に向かってスクロールを開始すると、[分割]ボタンをタップした場所でキャプションが終了することがわかります。

ステップ6

キャプションをさらに追加する場合は、タイムラインを下にスクロールして、新しいキャプションを表示する場所をタップする必要があります。はさみアイコンを選択し、新しいキャプションを終了する場所をタップします。分割ボタンをタップします。

次に、Tアイコンをタップして、手順4と5を繰り返します。これを必要な回数繰り返します。

キャプションが閉じられました

キャプションは、特に聴覚障害のある視聴者にとって非常に便利です。また、クリップ内の誰かが外国語で話している場合にも非常に便利です。これらのチュートリアルを使用すると、すぐにキャプションを追加できます。

インターネットにアップロードするビデオにキャプションを追加しますか?あなたはいつもiMovieを使っていますか?そのキャプション機能をどのように評価しますか?以下のコメントセクションでお知らせください。