LenovoB50-30レビュー

レビュー時の価格£170

ほとんどの200ポンド未満の予算のラップトップは11.6インチの画面を提供しますが、LenovoはB50-30を大きくすることを決定し、15.6インチの画面と内蔵DVDライターを備えた少し古い学校のラップトップを提供します。

LenovoB50-30レビュー

2.32kgと、ここの他のモデルよりもかなり重いです。メーカーはノートパソコンのかさばりをスリム化するために最善を尽くしましたが、B50-30はまだ持ち歩く獣です。

LenovoB50-30レビュー-DVDライター

ビルドの品質は、Lenovoの基準では期待外れです。プラスチックは薄く感じられ、ねじると蓋が驚くほど曲がり、DVDライタートレイの近くにギブが多すぎます。 B50-30も、わずかな挑発でガタガタと音を立てる500GB、5,400rpmのハードディスクのおかげで騒がしいです。

プラス面として、これは、ほとんどのスリムなライバルから得られるよりも多くのローカルストレージを意味します。 B50-30は、接続性にも悪影響を及ぼしません。VGAおよびHDMIビデオ出力、1つのUSB3を含む3つのUSBポート、および1つのギガビットイーサネットポートを備えています。ワイヤレスネットワーク用の802.11nWi-FiとBluetooth4もあります。何にでも対応できるノートパソコンです。

LenovoB50-30レビュー-右端

LenovoB50-30レビュー-左端

画面の1つの利点は、そのサイズです。そうでなければ、それは貧弱です。明るさとコントラストのレベルをそれぞれ209cd / m2と285:1と低く測定しましたが、使用中のディスプレイはくすんでいて粒子の粗い外観になっています。

手頃な価格のノートパソコンに優れた色精度は期待できませんが、B50-30はsRGB色域のわずか59.7%をカバーし、暗い色を区別したり、あらゆる種類の鮮やかさで青を解決したりするのに苦労しています。

キーボードは通常Lenovoの強みですが、B50-30は大きなキーと標準的なビジネスレイアウトを備えているように見えますが、入力操作は奇妙に不安定です。それをタイプすることは、濡れたジッフィーバッグに指を叩くような感じです。タッチパッドの方が優れています。大きく、手触りが滑らかで、正確です。

LenovoB50-30レビュー-キーボードとタッチパッド

予算のノートパソコンの基準では、パフォーマンスは悪くありません。 B50-30は、ラボで優勝したHP Stream11と同じCeleronN2840を搭載しており、ハードディスクの速度は少し遅くなりますが、ベンチマークではそれほど遅れていません。

ただし、バッテリーの寿命は別の問題です。 Lenovoは、わずか4時間半の軽い使用と、重い作業負荷では4時間強しか生き残れませんでした。それはお金のための多目的なマシンですが、B50-30は周りで最もバランスの取れたラップトップではありません。

LenovoB50-30仕様

プロセッサーデュアルコア2.16GHzIntel Celeron N2840
4GB DDR3L
メモリスロット(無料)
最大メモリ
サイズ380 x 262 x 25mm
重さ2.32kg(充電器付き2.7kg)
ポインティングデバイスタッチパッド
画面サイズ15.6インチ
画面の解像度1,366 x 768
タッチスクリーン番号
グラフィックアダプタIntelHDグラフィックス
グラフィック出力HDMI; VGA
総ストレージ500GBハードディスク
光学ドライブタイプDVDライター
USBポートUSB 3; 2 x USB 2
ブルートゥースBluetooth 4
ネットワーキングギガビットイーサネット;シングルバンド802.11n
メモリーカードリーダーSDカードスロット
その他のポート3.5mmヘッドフォンジャック
オペレーティング・システムBing64ビットを搭載したWindows8.1
購入情報
部品および労働保証1年間のRTB
付加価値税込みの価格£170
サプライヤーwww.ebuyer.com
部品番号MCA2WUK