PowerPointでオーディオを自動的に再生する方法

音楽はすべてをより良くします、そしてパワーポイントのプレゼンテーションは-もちろん、機会とその目的に応じて-例外ではありません。

PowerPointでオーディオを自動的に再生する方法

以前にPowerPointを使用したことがある場合は、プレゼンテーションに曲、効果音、その他のオーディオファイルを挿入できることをすでにご存知でしょう。しかし、手動で開始する代わりに、そのオーディオを自動的に再生するようにプログラムできることをご存知ですか?

好みに応じて、最初のスライドからすぐにオーディオを開始するか、特定のスライドが表示されるまでオーディオを遅らせるかを選択できます。

この記事では、これら両方の方法を説明します。

PowerPointでオーディオを自動的に再生するにはどうすればよいですか?

PowerPointでオーディオを自動的に再生することは、セットアップが非常に簡単であり、必要に応じて、プレゼンテーションに合わせてカスタマイズできます。

以下では、特定のスライドに対してのみ、複数のスライドにわたってオーディオを最初から再生するように設定する方法を見ていきます。

最初からオーディオを再生する

プレゼンテーションの最初からオーディオファイルを再生したい場合、プロセスは非常に簡単です。

これがあなたがする必要があることです:

  1. プレゼンテーションの最初のスライドに移動し、をクリックします 通常ビューのアイコン。

  2. クリックしてください 再生 のタブ オーディオツール セクション。

  3. オーディオオプション、の横にあるドロップダウンメニューを開きます 始める 選択します 自動的。最新バージョンのPowerPoint(2016以降)を使用している場合は、ラベルの付いたオプションを選択することもできます クリックシーケンスで ドロップダウンメニューから同じ効果を達成します。

これを設定したら、すべてが正常であることを再確認してください。プレゼンテーションをプレビュー(およびオーディオをテスト)するには、[スライドショー]タブをクリックし、[最初から]を選択します。

特定のスライドからオーディオを再生する

特定のスライドからオーディオを再生したり、事前定義された時間遅延を使用したりする場合、プロセスは少し複雑になります。これを行う方法は次のとおりです。

  1. 前のセクションと同様に、オーディオの再生を開始するスライドに移動して、[ 通常ビューのアイコン。

  2. クリックしてください アニメーション タブをクリックしてから アニメーションを追加.

  3. メディアセクションから、 演奏する、左側の最初のオプション。

  4. クリックしてください アニメーションペイン [アニメーションの追加]ボタンの横。

  5. アニメーションペインで、オーディオファイルがリストの最初になるようにアイテムを再編成します。

  6. オーディオファイルの横にある下矢印をクリックして、 エフェクトオプション… ドロップダウンメニューから。

  7. [効果]タブで、[ 初めから [再生の開始]オプションの下。同じタブで、[再生を停止]オプションの下で[再生を停止]を選択します 現在のスライドの後.

  8. 次に、をクリックします タイミング タブ。 [スタート]という単語の横に、ドロップダウンメニューが表示されます。それをクリックして、ラベルの付いたオプションを選択します 以前と.

  9. スライドが読み込まれた直後にオーディオを開始したくない場合は、指定されたフィールドにカスタム遅延を設定できます。オーディオが開始するまでに経過する秒数を追加するだけです。音声を遅らせたくない場合は、ボックスを空のままにして、次の手順に進みます。

  10. 最後に、をクリックします わかった 変更を確認します。

もう一度、[スライドショー]タブをクリックし、[最初から]を選択してプレゼンテーションをプレビューし、選択したスライドからオーディオの再生が開始されるかどうかを確認します。

複数のスライドでオーディオを再生する

長い講義を行っていて、邪魔にならないランダムな音楽をバックグラウンドで再生したい場合は、それをプレゼンテーションの一部にして、複数のスライドで再生するように設定することもできます。

これを行うには、次の手順に従います。

  1. に移動します 入れる タブをクリックし、をクリックします オーディオ、次に選択します 私のPCのオーディオ。 Office 2010以前のバージョンを使用している場合、オプションにはラベルが付けられます ファイルからの音声.

  2. 再生したいファイルをコンピューターで参照します。見つけたら、ダブルクリックするか、選択してからクリックします。 入れる.

  3. オーディオツール、[再生]タブをクリックして、オプションを選択します バックグラウンドで再生。古いバージョンのPowerPointでは、横にあるドロップダウンボックスをクリックする必要があります。 始める オプションを選択し、 スライド全体で再生 リストから。どちらのバージョンでも、スライドショーを開始するとすぐに、ファイルの再生が自動的に開始されます。

選択した音声が短すぎてプレゼンテーション全体の期間をカバーできない場合は、プレゼンテーションのテスト実行を行い、時間を計り、他のスライドにさらに音声ファイルを挿入して、無音の間隔がないようにすることができます。

また、AudacityやFree Audio Editorなどの無料のオーディオ編集ツールを使用して2つ以上のオーディオファイルを1つに結合し、オーディオが必要なだけ再生され続けるようにすることもできます。

オーディオファイルの保存

プレゼンテーションをフラッシュドライブに保存する場合は、オーディオファイルとプレゼンテーションを同じフォルダに保存してください。そうしないと、PowerPointは挿入したファイルを見つけることができず、結果としてプレゼンテーションは無音になります。

このような状況で行う唯一のことは、プレゼンテーション内の各オーディオファイルのパスを編集することです。これは非常に時間がかかるため、避けるのが最善です。

最終的な考え

Microsoft PowerPointは非常に柔軟性があり、さまざまな便利なツールや機能を使用してプレゼンテーションをカスタマイズできます。

上記の手順を実行することにより、PowerPointで自動的に再生するようにオーディオを簡単に設定できます。