メールでは大文字と小文字が区別されますか?

電子メールアドレスで大文字と小文字が区別されるかどうかについては、多くの混乱があります。そうだと言う人もいれば、そうではないと主張する人もいます。それで、誰が正しいのですか?この記事では、メールアドレスで大文字と小文字が区別されるかどうかを確認します。

メールでは大文字と小文字が区別されますか?

メールアドレスを作るものは何ですか?

電子メールアドレスは、ローカル部分(ユーザー名とも呼ばれます)、@記号、およびドメイン部分の3つの部分で構成されています。各部分には独自の役割があり、独自の一連のルールが適用されます。ここに簡単な概要があります。

標準によれば、電子メールアドレスのローカル部分は最大64文字の長さにすることができ、限られた文字セットで構成することができます。これらには、大文字と小文字のラテンアルファベット、0から9までの数字、ドット、および特殊文字が含まれます。特殊文字には、 `[email protected]#$%^&*()_- + = [] {}〜が含まれます。 @記号でドメイン部分に接続されています。

ドメイン部分の長さは最大255文字です。ラテンアルファベットの文字(小文字と大文字の両方)、0から9までの数字、およびハイフンを含めることができます。ハイフンでドメイン部分を開始または終了することはできません。

国際記号も使用できますが、これについては後で詳しく説明します。

大文字と小文字は区別されますか?

この質問に対する正解は、「はい」と「いいえ」の両方です。 RFC 5321によると、電子メールアドレスのローカル部分では大文字と小文字が区別されます。これは、理論的には、[電子メール保護]は[電子メール保護]と同じではないことを意味します。ただし、電子メールプロバイダーには、ローカル部分を大文字と小文字の区別と大文字と小文字の区別の両方として扱う自由があります。

たとえば、[email protected]、[email protected]、および[email protected]は、理論的には異なる電子メールアドレスです。メールサーバーがローカルパーツを大文字と小文字を区別するものとして扱うことを選択した場合、これがどのように問題を引き起こし、ユーザーエクスペリエンスを低下させる可能性があるかを簡単に理解できます。したがって、多くのプロバイダーは、電子メールアドレスのローカル部分を大文字と小文字を区別しないものとして扱います。

ドメイン部分に関しては、RFC 1035は、常に大文字と小文字を区別しないことを規定しています。これは、小文字、大文字、またはその2つの任意の組み合わせで書き込むことができ、電子メールが同じアドレスに送信されることを意味します。実際の使用では、[メール保護]、[メール保護]、[メール保護]は同じメールアドレスです。

実際には

電子メールアドレスは部分的に大文字と小文字を区別しますが、一般に大文字と小文字を区別しないと考えるのが安全です。 Gmail、Yahoo Mail、Hotmailなどのすべての主要プロバイダーは、電子メールアドレスのローカル部分を大文字と小文字を区別しないものとして扱います。そうは言っても、メールを作成するメールプロバイダーのルールを確認する必要があります。

前のポイントに関連して、上記のRFC 5321は、潜在的な混乱と配信の問題を回避するために、小文字のみで新しい電子メールアドレスを作成することを推奨しています。

一方、友人や同僚が大文字と小文字を組み合わせたメールアドレスを持っている場合は、メールを送信するときにそのまま書くことをお勧めします。そうしないと、電子メールが配信されない可能性があります。ただし、これはGmail、Yahoo Mail、Hotmailなどの主要な電子メールプロバイダーでは問題になりません。

さらに、Gmailは、ユーザーアカウントの識別に関して、メールのローカル部分にあるドットの影響も受けません。つまり、[メール保護]アカウントが存在する場合、[メール保護]または[メール保護]を登録することはできません。

国際化

元々、電子メールアドレスは、ラテンアルファベットの文字、数字、および限られた特殊なASCII文字のセットを使用してのみ登録できました。ただし、IETF(Internet Engineering Task Force)は、その後、国際文字を含めるための規則と標準を開発しました。

RFC6530は、国際文字の使用を最初に含めて規制したものです。 RFC6531は、ルールと標準を拡張しました。その後、ルールと標準はRFC6532とRFC6533を通じて更新されました。

さまざまなアルファベット、文字、スクリプトを使用してメールアドレスを登録できるようになりました。最も広く使用されているものには、ラテン文字とダイアクリティックス、ギリシャ文字、繁体字中国語、日本語文字(ひらがな、カタカナ、漢字)、キリル文字、いくつかのインド文字などがあります。

国際メールアドレスの包含と互換性は、プロバイダーによって異なります。最大のプロバイダーのいくつかでさえ、国際アドレスと完全に互換性がありません。たとえば、Googleでは国際的なアドレスにメールを送信することはできますが、作成することはできません。 Outlook2016にも同様の機能があります。

結論

ドメイン名の部分とは異なり、電子メールアドレスのローカル部分では大文字と小文字が区別されます。そうは言っても、多くの電子メールプロバイダーは、実用上の理由からローカル部分の大文字と小文字の区別を無視し、小文字のみの電子メールを作成するように人々に勧めています。